結婚してから子供を望んでいるのに、なかなかできないや不妊かもしれないと悩んでいるという人は一度婦人科を受信するとよいです。結婚してから二年以上経っているのに子供ができないと不妊と呼ばれます。
妊娠するには正常な夫婦生活で排卵のタイミングがあっていて精子が元気であることが必要です。
その他にも様々な条件が必要になります。体が健康な方でも、日常生活では感じられない体の不調や病気が赤ちゃんができにくい原因になっている場合があります。
なので健康でも子供をつくる仕組みが正常に働いているかを検査するために医学的な検査をする必要があります。赤ちゃんを本当に欲しいと望んでいるなら、今が産婦人科にいくタイミングです。産婦人科は敷居の高いところではなく、気軽に妊娠ができる状態かを確認しにいく気持ちで大丈夫です。
そこで万が一問題が見つかった場合は、医学的な方法を使って赤ちゃんを授かる手助けをしてもらうのです。
不妊の原因は、検査でほとんど見つかるので原因不明ということはほぼないです。
不妊治療には順序をきちんとした検査も必要です。
不妊の女性側の原因には、排卵障害がある場合や排卵しても卵管に取り込めないなどの原因があります。また肥満も不妊の原因のひとつになります。その場合は日常生活を変え、理想の体重に近づける治療が行われます。
性感染症が原因の場合も多いです。女性は七割以上で自覚症状がなく、知らないうちに広がり、卵管閉塞などの原因を引き起こし、不妊になっていることがあります。精神的な理由も挙げられ、妊娠に対する恐怖心などが理由のこともあり、カウンセリングを行っていきます。男性の原因には精子の数が正常より少ないことや精子の動きが正常より悪いことなどが挙げられます。精子の動きが悪く数が少ないというのが両方のケースが多いです。近年では技術の進歩により、男性不妊ではほとんどが妊娠ができるようになっています。しかし、できるなら自然の形で妊娠を望む場合には漢方薬や精子の動きを活発にする薬を用いた不妊治療もあります。不妊の原因が見つかり、治療に移りますが、高度生殖医療を受ける場合には治療費や負担も大きくなります。体外受精などのイメージで抵抗を感じる場合もありますが、実際には自然の妊娠の手助けするだけですので、人口ではないのです。体外受精や顕微受精には高額な治療費がかかるので地方自治体で助成金を出しているところも多いです。